お酒の豆知識

tel
bg

お酒の豆知識

株式会社むとう屋
宮城県宮城郡松島町
松島字普賢堂23
TEL 022-354-3155
お酒の豆知識
たくさんある日本酒の中から、自分のお気に入りを見つけ出すのも楽しいもの。
ちょっぴり知っておきたい日本酒豆知識
◆特定名称の清酒の表示
特定名称 使用原料 精米歩合 香味等の要件
吟醸酒 米・米麹
醸造アルコール
60%以下 吟醸造り・固有の香味
色沢が良好
大吟醸酒 米・米麹
醸造アルコール
50%以下 吟醸造り・固有の香味
色沢が特に良好
純米酒 米・米麹 - 香味・色沢が良好
純米吟醸酒 米・米麹 60%以下 吟醸造り・固有の香味
色沢が特に良好
純米大吟醸酒 米・米麹 50%以下 吟醸造り・固有の香味
色沢が良好
特別純米酒 米・米麹 60%以下
又は特別な製造方法
香味・色沢が特に良好
本醸造酒 米・米麹
醸造アルコール
70%以下 香味・色沢が良好
特別本醸造 米・米麹 60%以下
又は特別な製造方法
香味・色沢が特に良好
◆お酒の酒類ほかにも色々
雫酒(かけしぼり)・・・酒袋からポタポタ滴る雫だけを集めた贅沢なお酒。
しぼりたて・・・約60日という時間をかけて造られた出来立てホヤホヤのお酒。
ひやおろし・・・冬から春にかけて造られた新酒が、春夏越えてじっくり熟成した味わいになり秋に出荷されるお酒。
◆酒米の魅力・・・「山田錦」など酒造好適米と呼ばれる酒米の好条件
@心白があり大粒
A低タンパク
B軟質なこと(吸水性がよい)
◆精米歩合・・・
白米のその玄米に対する重量の割合。
精米歩合60%というときには、玄米の表層部を40%削りとることをいう。
◆日本酒度・・・
甘口、辛口などを数字的に表した尺度。+が多いほど辛口で、−が多いほど甘口となる。
ただ自分の舌で感じる甘さ辛さと数字は必ず一致するものではないです。
後味がさらりとぬけるお酒、ずっしり重厚なお酒もある。お酒は十色多様。
◆保存方法・・・
開栓前・・・冷やしすぎに注意。冷やしすぎるとお酒が固く、花開かない状態。
開栓後・・・光や酸素による味の変化に注意。
             お酒は開栓した瞬間から変化は始まります。空気にふれて、30分・・・味が開き始めて。1時間・・・花開く。
◆酒器で楽しむ
ワイングラスで飲むと、香りの広がり、シャープに味が伝わる感じが魅力的。
土の器でほっこりした甘さを感じるような飲み方も楽しみのひとつ。
器の選び方ひとつで同じお酒でも味がかわってくるおもしろさを見つけてみてはいかが?
◆全部飲みきらなかったらどうしよう。
日本酒は最高に料理の味を引き立てます。飲んで美味しいだけじゃない日本酒の力。まさに調味料の王様。
日本酒は、和食だけじゃなく、洋食やパスタの調味料にも最高。風味際立ち、ふっくらと仕上がります。
ぜひ少し日本酒が残ったら、贅沢に料理に使ってください。
肌がしっとりコップ一杯のお酒をいれた酒風呂もおすすめです。
◆美味しい日本酒の温度・・・
   冷酒が極め細やかなシャープな味わいを楽しむのに対し、お燗はまるいふくらみと旨みをかもし出します。
香りが強まり辛口になる55度以上の熱さの「飛び切り燗」、香りがシャープでキレの良い辛口になる50度くらいの「あつ燗」、
香りが最も大きくふくらみある味わいの40度ほどの「ぬる燗」、米や麹のいい香りのさらさらした味わい35度の「人肌燗」。
香りが引き立ちなめらかな味わい30度の「日向燗」。いつもの室温は20度くらいは、味わいもソフト。
冷蔵庫から出してしばらくたって香りもあり、味わいもとろり15度ほどの「涼冷え」。
冷蔵庫に数時間いれたおいて、香りは閉じ気味だが器でふわっと香り開く10度ほどの「花冷え」。
氷水にひたして十分引き締めた冷たさ5度ほどの「雪冷え」など・・・美味しい日本酒の温度は色々です。